Entries

2014年 ギャッベ展

今年はほんと寒いですね~
そんな寒い冬にはギャッベがいちばん!
ということで、今日からのギャラリーの展示は、イランの遊牧民「カシュガイ族」のウール100%で手紡ぎ・草木染の手織絨毯「ギャッベ」の展示販売会です。前回のブログにも書きましたが、我が家では必需品。一年中敷きっぱなし。もう古いおうちで、なかなか冬は寒いですが、ギャッベのおかげで大分助かっています。
カシュガイの女性たちが一つ一つ手織りしたギャッベはそんな極寒の我が家の鉄のように冷え切った床面からの冷気を見事にシャットアウト。床との間に独特な空気の層を作り出してくれるらしいのです。ストーブひとつつければポッカポカ。さすが寒暖差の激しいイランの厳しい環境で育った羊、冬はもちろんなんですが、夏でも快適、ひんやりさらっとしていて、オールシーズン私達の生活をサポートしてくれます。
そしてもうひとつのギャッベの愛される理由は、なんといっても色とデザインでしょう。
当店で扱っているゾランバリー社のギャッベは、全て草木染。インディゴ(ドイツ産)以外は全てイラン国内で取れるもので、なかでも赤はローナスという植物の根が原料になっています。ギャッベ独特の強い、そして深い赤をだすのには大量の染料を使って男の手で染め上げられます。草木染でこんな色がでるのかと驚かれる方も多いです。
そしてデザインもギャッベ独特の世界があり、ひとつとして同じものは無いというくらい、作り手によって様ざまです。
もちろん伝統的な紋様もかっこいいのですが、ゾランバリー以降の現代ギャッベの自由でユニークなデザインは幅広く人気があり、アートだという人もいます。

2月25日(火)まで(水曜は定休日)の開催ですので、
この機会に是非ご覧になりに来てください。


IMG_0913.jpg
IMG_0912.jpg
IMG_0910.jpg
IMG_0909.jpg
IMG_0908.jpg
IMG_0907.jpg
IMG_0905.jpg
IMG_0904.jpg
IMG_0903.jpg
IMG_0900.jpg
IMG_0899.jpg

Appendix

プロフィール

ミカリギャラリー

Author:ミカリギャラリー
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード